自分で水道の水漏れを修理する方法

いつも使用している蛇口やシャワーヘッドなどから水が漏れている場合や、洗面所やシンク下の収納スペースが水浸しになっている場合、床が濡れている場合などはすぐに水漏れが起こっていると確認することができますが、漏れている気がするが確認することができない場合は家中の水栓を締めて水道を止めてから、水道メーターをよく観察してみましょう。メーターを確認して小さいコマが回転している場合は水が漏れていると確認することができます。

■どうして水が漏れるのか?

キッチンやバスルーム、洗面所やトイレなどの水回りで水漏れが起こる原因として考えられるのが、老朽化や経年劣化、パッキンやそのほかの部品の破損、ナットなどの接続部品の緩み、配管の破損、排水管やパイプの詰まりなどです。例えば水道設備に使用されている金具の耐用年数は7年から10年となっており、10年前後が寿命と考えることができますし、設備によっては金具を使用していないところも多いので、もっと短い期間で劣化をしてしまう可能性もあります。こういったパーツは個人でもホームセンターなどで購入することができるので比較的自分でも修理がしやすい部分です。

■自分で水漏れの修理は可能?

水が漏れている場所を特定できたら自分で修理ができるかどうか、どんな方法があるのかなどを判断し、できる場合は以下のような修理方法を試してみましょう。排水管などの配管の掃除やパッキンなどの部品の交換、水漏れが起こっているところのパーツなどを交換することでトラブルを解決することができます。



■まとめ
水漏れを感じたらまずはどこから水が漏れているのかを特定することで、自分で修理ができるのか業者に依頼するべきなのかを判断することができます。ただし、自分で修理するのに自信がない場合や原因を特定することができない場合は早めに業者に相談するのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ